イノシトール

シジミの加熱調理の必要性

シジミは普段の食卓の上る場合には、加熱料理をしてから食べることがほとんどだと思います。
シジミのような二枚貝に属する貝で生でも食べられるものといえば、牡蠣を思い出す人が多いでしょう。
とにかく日本ではシジミについては生で食べることはないようです。

ではどうしてシジミは加熱料理をしたものを食べるのかについて説明をします。
自然界には様々なウイルスが生息しています。
もちろんシジミが生活している海の中にもウイルスは生息しています。
ウイルスのいる場所で生活しているシジミは、ウイルスのいる生物を食べたりウイルスのいる水を飲んだりして生活しています。
ウイルスなどの菌は、生物に汚染した場合内臓で繁殖することが分かっています。
繁殖してどんどん増殖していくため、ウイルスに感染しているシジミなどを加熱料理しないで食べた場合、人間の体の中でウイルスが猛威をふるいます。
また、シジミが貝類の中で一番ウイルスが繁殖しやすい貝であると言われています。
このような理由により、シジミは加熱調理が必要ということができます。
余談になりますが、貝類の牡蠣はウイルスに感染しにくい貝と言われています。
そのため旬の時期になると、牡蠣を生で食べる習慣があるようです。

最後にシジミを食べる際に2つのポイントがあることを話します。
1つ目のポイントは、「生で食べないようにすること」です。
2つ目のポイントは、「よくシジミの砂抜きをすること」です。
2つのポイントを押さえて、おいしくシジミを食べたいですね。