イノシトール

冷凍シジミのメリット

シジミを長期保存する場合、冷凍保存が適しています。
多くの食品は、冷凍保存をすると味と栄養価が低下してしまいます。
しかしシジミに関しては冷凍保存で様々な魅力がアップする効果があり、冷凍するメリットがある食材なのです。
冷凍シジミのメリットは3つあります。

1つ目のメリットは、「シジミの有効成分であるオルニチンの量が増えること」です。
オルニチンはアミノ酸の一種であり、肝機能の働きを助けたり、疲労回復効果・体力回復効果・その他にもアンチエイジング効果・ストレス減少効果・二日酔いへの効果があったりする成分になります。
冷凍するとオルニチンの量がアップするため、冷凍シジミのメリットになります。

2つ目のメリットは、「おいしくなる」ことです。
シジミのうまみ成分であるコハク酸やグルタミン酸は、冷凍することで成分の効果が発揮されるようです。
このため冷凍するとおいしいシジミを味わうことができます。

3つ目のメリットは、「下準備をしてから冷凍保存することが多いため、手軽に必要時に食べられる」ことになります。
砂抜きなどを行い冷凍するため、下準備なしで調理を行えることがメリットになります。

以上が冷凍シジミのメリットです。
健康成分の実力も高まり、下準備の必要もないためとても魅力的です。